フェースに行う美容整形

be pretty with plastic surgery

TOP 脂肪吸引

友達リンク4

メンテナンスが必要な脂肪吸引

他の美容整形においては手術を終えるとあまり通院の必要がないものもありますが、脂肪吸引の場合には何度も通院する事が必要になってくる事もあります。

脂肪吸引が終わって間もない時には、まだ患部が定着した状態ではなくて、不安定な場合が多いので、きれいな状態で定着させるためには、専用のサポーターなどを使って安定させないといけない様です。

時には患部を強く圧迫しないといけない事もある様です。また、落ち着いてくると、傷は完治し、安定してきますが、今後は硬くなってしまう事があるみたいですので、マッサージをしてほぐす必要がある様です。

手術の他にもかなりメンテナンスに手間がかかりますね。

今話題のvaser脂肪吸引についてご紹介します

vaserは今話題の、最新の脂肪吸引です。従来の脂肪吸引は、危険性を危惧されるようなものでしたが、vaserは安全かつ、最も多くの脂肪を吸引する事ができ、美容外科でリピーターが続出しています。

具体的にはベイザー波という超音波を、皮下脂肪層に照射することで、血管や神経などを避けて脂肪だけがドロドロに溶けるのです。そのドロドロに溶けた脂肪を吸引するという形になり、今までの吸引法と比べ物にならない程強力な超音波機器です。また、ベイザー波のもう一つの特徴として、肌の引き締め効果もあります。繊維組織を傷つける事が無い為、仕上がりがとても滑らかになり、美しいボディラインになります。

豊胸、脂肪吸引などの美容整形関連

脂肪吸引vaserって何だろう

皆さん脂肪吸引についてご存知でしょうか。その中で、脂肪吸引vaser(ベイザー)というものがあります。このvaserというものは美容外科で受けることができます。この方法の特徴として1つ、リーズナブルな価格で受けることができます。

その他にも施術時間が短かったり、出血が少なかったりと他の方法に比べ良い点が多い方法です。実際に体験した方からお話を聞くとやはり出血が少なかったり施術時間が短かったとのことでした。それに加え施術部分を見せてもらうと跡も凝視しない限りはわからず綺麗に見えました。ぜひ検討している皆さんも調べてみてはいかがでしょうか。

脂肪吸引Vaserのメリットって?

従来の脂肪吸引というのは、ある程度脂肪がないと受けることができませんでした。つまり元々そこまで太っていない人、脂肪自体がそんなに多くない人はまず施術自体を受けることができませんでした。

しかし最近出てきたVaserという施術を利用することによってどんな人でも施術を受けることができるようになりました。なぜかというとこちらは脂肪そのものを除去するのではなく脂肪細胞を除去する施術だからです。また施術方法もメスを入れて切って取り除くというものではなく、ベイザー派と呼ばれる専用のレーザーと、注射器を利用するためかなり体の負担を抑えることができるのです。

脂肪吸引って脂肪が入っていたところはどうなるの?

脂肪吸引というのは現在無駄な脂肪が詰め込まれている部分から脂肪を取り除く作業を行うことがですが、そこに入っていた脂肪のせいで皮膚の皮が伸びきってしまっている場合にはその伸びた皮膚はどうなるのでしょうか?

結論から言ってしまえばどうにもなりません。このまま放置しておいてもよくなることがありませんし、逆にいうとこれ以上悪くなることもありません。しかし普段服を来ている分には気になりませんが、やはり水着などを着る時に気になりますよね。そこで使用されるのがVaserと呼ばれる施術です。こちらなら伸びきってしまった皮膚にも対応できるのです。

VASER 彫刻脂肪吸引 (6つに割れた腹直筋)

 

美容整形・美容外科Kunoクリニック大阪、東京 脂肪吸引、豊胸が得意な美容外科。

メニュー

顔の美容整形HOME   美容整形   美容外科   豊胸   脂肪吸引   二重整形   隆鼻   鼻整形

鼻整形(隆鼻)、二重まぶたにする二重整形、豊胸手術や脂肪吸引などの美容整形をお考えなら、まずは大都会、大阪、東京の美容外科探しから。

鼻整形(隆鼻)、二重まぶたにする二重整形、豊胸手術や脂肪吸引などの美容整形の情報は正確でない部分があります。その他の問い合わせはこちら